トリキュラーの個人輸入とコンディショニング法

2019年11月18日
落ち込んでいる女性

コンディショニング法というのは女性アスリートの生理の周期をコントロールすることによって、競技成績を向上させる目的で提唱されている方法です。
世界的には一般的に考慮されているもので、近年では日本でもコンディショニング法を取り入れて好成績を残すアスリートが増えつつあります。
アスリートにとって生理の問題は切実な問題で、貧血状態になることで酸素の供給が減少して競技成績が落ちたり、トレーニングをしても筋力が向上しないなどの問題がありました。
しかしコンディショニング法を取り入れることで月経周期をコントロールして競技成績を向上させることができるようになっています。

トリキュラーなどの低用量ピルは個人輸入の代行業者によって販売されていることが多いのですが、婦人科を受診すると処方される場合があります。
用途としては避妊薬としての利用の他にも生理の時の出血を減らすためにも使われています。
トリキュラーを用いてコンディショニング法を行うこともできますが、アスリートの場合は個人輸入などではなく専門医による処方なので、副作用などの心配はあまりありません。
トリキュラーは服用方法を間違えてしまうと、体調を崩してしまうことがあるので、飲み忘れには十分注意をしなければなりません。
個人輸入で手に入れる場合には信頼できる業者を選ばないと成分が異なっていたり、偽物の薬を購入してしまう場合もあります。

女性アスリートは無月経である割合も多くなっているので、コンディショニング法を取り入れるためには専門知識のある医師の判断に従う必要があります。
またドーピングなどの問題があるので、自分の判断でトリキュラーなどを服用することは好ましくありません。